東北地方太平洋沖地震

まさに「未曾有の国難」と言える巨大地震が2011年3月11日午後2時46分ごろ、
三陸沖を震源に日本列島を襲いました。
阪神大震災の約1000倍に相当するM9.0のエネルギーで激震が約5分も続いた後、
最大数十メートルの津波が押し寄せ、
無数の方々の命や生活が奪われました。日本本土の地盤が約2.4メートルも移動したというほどの衝撃に、
相次ぐ余震、そして原子力発電所での炉心溶融。被曝被害も発生し、数十万人が避難生活を送るなか、
関東などでは計画停電が実施され、緊張の日々が続いています。




今までに感じたことのない大きな揺れの中、子供と2人きり。
鍵をかけていなかった窓が開いたり閉まったりするほどの横揺れ、地響きのようなたて揺れ。
水槽の水がバシャバシャこぼれて、ネコ用のお皿からキャットフードが飛び散ってる。
いろんなところで何かが落ちる音がする。
目の前のタンスの上のラジカセや鏡が吹き飛ばされるように落ちて行くけど、何も出来ずに昼寝中だった子供に
覆いかぶさっていることしか出来なかった。

本当に怖かったけど、奇跡的に大きな家具も倒れず、食器が落ちることも無く無事でした。

少しでも節電できればいいと思って、PCを毎日立ち上げるのをやめてみたりしています。
だから、PCからのブログ更新もしばらくお休みです。

被災地の皆さんに早く笑顔が戻りますように。










こんな時にプロ野球のナイター云々言ってる場合じゃねーだろ。
今回の震災と戦後をいっしょにすんな、ナベツネ!
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。