ネコゴハンレポ

  • カテゴリ:ネコズ
  • コメント:2件
  • トラックバック:0件
すっかり忘れていました。
前回買ったネコゴハンのレポ。


ロイヤルカナン エクシジェント 食事にこだわりがある猫用

【原材料】
家禽*ミート、コーングルテン、とうもろこし、米、動物性脂肪、加水分解動物性タンパク、植物性繊維、ミネラル類、大豆分離タンパク** 、ビートパルプ、酵母、植物油(ルリチシャ油を含む)、フラクトオリゴ糖、全卵粉、微量元素、DL-メチオニン、パプリカ抽出物、タウリン、ビタミン類、
*鶏、七面鳥などヒトの食用に飼育されている鳥類
**L.I.P.=超高消化性タンパク=消化率が90%を超える極めて吸収力に優れたタンパク質。

【成分】
粗タンパク:33%、カルシウム:1%、粗脂肪:16%、リン:0.9%、オメガ6脂肪酸:4%、マグネシウム:0.1%、オメガ3脂肪酸:0.33%、亜鉛:195mg/kg、粗灰分:6.5%、銅:22mg/kg、粗繊維:4.4%、ビタミンE:600mg/kg、水分:8%、ビタミンC:300mg/kg、食物繊維:9%、タウリン:0.18%


ロイヤルカナンて、酸化防止剤にBHA使ってるんですよね。
BHAはもともとガソリンの酸化防止のために合成された酸化防止剤で、発ガン性物質と言われていますが、発ガンが齧歯類の前胃に限定されていることから、ネコは大丈夫そうです。
もともと高濃度でとか、一生これしか食べないというわけではないし。

以前はこのような合成酸化防止剤や保存料について偏った認識を持っていたのですが、今はそこそこの値段がするものだったら安全だと獣医さんにも言われているので、気にし過ぎないようにしています。
過剰摂取することは論外ですが、ウチみたいな大袋で保存期間が長くなる場合は、酸化したりカビが生えたりするほうが怖いですから、安全性が確認されている合成酸化防止剤や保存料をきちんと明記しているフードを与えるほうが安心です。

ロイヤルカナンを数種類食べなれたネコズ。皆、何ら抵抗無く普通に食べてます。
フードを徐々に切り替えるなんて神経質なことは普段からしないのですが(笑)、いきなり違うフードを与えても全然平気。かえって「何それ!いつものと違うの?!」と食いつき5割増しくらいになります。
普通に肉+穀物系のフードの匂い。特に油っぽいこともなく、粒の大きさも小さめで前歯の無い花梨には食べやすいみたい。


◇+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+◇



ニュートロ・ナチュラルチョイス コンプリートケアアダルト・チキン

【原材料】
乾燥チキン(23%以上)、コーングルテン、粗挽き米、米粉、鶏脂肪(12%以上)、乾燥ビートパルプ、ひまわり油(1%以上)、乾燥ニシン、オーツ麦繊維、乾燥酵母、野菜繊維、フィッシュオイル、乾燥卵、クランベリーパウダー、乾燥リケニホルミス菌、乾燥スブチリス菌、乾燥チコリー根、β-カロチン、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、K、イノシトール、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、鉄、銅、ナトリウム、マンガン、ヨウ素)、アミノ酸(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(自然由来の混合トコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)
熱量: 387 kcal/100g


こちらは、かなり久々のニュートロ。
記憶の中のニュートロのイメージって「粒がデカイ、固い」だったのだけど、これはロイヤルカナンのエクシジェントと同じくらいの大きさで食べやすそう。
食いつきも全然悪くなく、むしろ良いです。
匂いは、肉系のロイヤルカナンに対して魚が強いかな。でも生臭くはない。花梨も抵抗無く食べているので、お年寄りにも大丈夫らしい(笑)まぁ、でも本来なら花梨には「シニア用」を与えるべきなんでしょうね。


今回のこの組み合わせ、結構いいみたいです。この2種類はリピート決定。
次回は、毛玉の排出をコントロールしてくれる&ビール酵母入りでお腹の調子も整えてくれるDr.プロ メディキャットCをこれまた久々に購入予定。
晩年、慢性的な下痢に悩まされていた桃香のお腹の調子が良くなった唯一のフード。
毛玉ケアとしても、ウチではこれが一番効果が実感できました。

スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。